長崎県長崎市千歳町の一般内科、糖尿病内科 赤澤内科クリニック

長崎県長崎市千歳町の一般内科、糖尿病内科 赤澤内科クリニック

〒852-8135 長崎県長崎市千歳町9-26
TEL 095-845-3000
▲Mobile Site
トップページ»  栄養・食事指導コーナー

栄養 ・ 食事療法 コーナー

1)糖尿病の治療には欠かせない食事療法。

赤澤内科では、個人にあった食事療法ができるよう、カウンセリング的な方法で栄養指導を行っています。

管理栄養士が、患者様の生活や食事状況から問題点を検討し、改善案を患者様と一緒に考えます。
一度に多くのことに取り組んだり、無理をしたり、我慢ばかりで進めていっても難しく、食事療法に限界を感じてしまいますので、一つずつ、できる事から継続していきます。
糖尿病の治療には欠かせない食事療法。

モットーは「小さな工夫で大きな改善!!」

また、当院では、月に1回調理教室を行っています。

糖尿病の治療は食事療法と運動療法が基本となります。皆様それぞれの生活をベースにより良い食生活と運動を取り入れていけるよう、アドバイスやサポートをさせていただいています。

待合室にはワンポイントアドバイスのコーナーを設け、テーマを決めて治療に役立つ情報をお伝えしています。


ワンポイントアドバイスのコーナー
 

2)調理教室

毎月第3木曜日
(午前10時~12時)


クリニック1階(糖尿病教室)にて実施。
毎回、3~4名で行っています。

ご飯やおかずの適量、バランスが良い食事の組み合わせ方などを覚えていただけたらと思います。また、日常での工夫(お弁当や外食の選び方など)についてもお話しします。
調理教室
 


 

令和2年10月の調理教室

メニュー
ノンオイル焼きビーフン
おからパウダーで
揚げない魚フライ
ほうれん草のだし煮
酢の物
アーモンドカップケーキ
令和2年10月の調理教室


【ノンオイル焼きビーフン】

~材料(1人分)~

 
ビーフン 指示量
玉ねぎ 30g
茹でたけのこ 15g
ピーマン 15g
人参 10g
生椎茸 10g
ビーフンの重量の4倍
A鶏がらスープの素 小さじ1/2
Aオイスターソース 小さじ1/2
A料理酒 大さじ1/2
Aこしょう 少々
 

~作り方~

野菜類・生椎茸はそれぞれ千切りにする。
フライパンに分量の水とAを入れて火にかけ、沸騰したらビーフンと野菜類を入れる。
ビーフンがしんなりして水分がほとんどなくなるまで4~5分炒める。



 

令和2年9月の調理教室

メニュー
しめじの混ぜご飯
レンジで鮭の照り焼き風
ミルク味噌汁
切干大根のポン酢炒め
梨100g
令和2年9月の調理教室


【レンジで鮭の照り焼き風】

~材料(1人分)~

 
70g
醤油 大さじ1/4
料理酒 大さじ1/2
0kcal人工甘味料 砂糖小さじ1杯分
青しそ 1枚
大根 30g
 

~作り方~

鮭はキッチンペーパーで水気を拭きとり、1人分2~3切れに切る。
耐熱容器にAを入れて混ぜ、鮭を入れて上下をかえしながら5分程漬ける。
②にふんわりとラップをして電子レンジで加熱し、上下を返してさらに加熱する。
※加熱の目安…(1人分)1分半前後加熱後、裏返して1分前後
青しそと大根おろしを乗せた皿に盛りつける。



 

令和2年7月の調理教室

メニュー
青しそご飯
牛肉のおろし和え
野菜のゼリー寄せ
ズッキーニの味噌汁
すいか0.5単位
令和2年7月の調理教室


【野菜のゼリー寄せ】

~材料(1人分)~

 
むきえび 20g
冷凍枝豆 正味15g
オクラ 15g
ミニトマト 15g
黄パプリカ 15g
だし汁 100cc
めんつゆ(4倍濃縮) 小さじ1/2
粉ゼラチン 小さじ1/2(1.5g)
 

~作り方~

枝豆はさやから取り出す。
ミニトマトは十文字に切れ目を入れる。パプリカは1~1.5cm角に切る。
鍋に湯を沸かし、野菜をさっとゆでる。
ミニトマトは10秒程したら冷水にとり、皮をむいて1/4~1/2に切る。
オクラは1分程茹でてざるにあげ、粗熱がとれたら1~1.5cmの小口切りにする。
野菜を茹でたお湯でむきえびを茹でる。
だし汁を沸かし、めんつゆを加える。火からおろし、ゼラチンを加えてよく溶かす。
具を加えて氷水を当てて粗熱をとる。器に流し入れ、冷蔵庫で1時間程冷やし固める。



 

令和2年6月の調理教室

メニュー
冷麺風そば
椎茸のえびすり身詰め焼き
茄子とオクラのだし浸し
さくらんぼ0.5単位
令和2年6月の調理教室

【椎茸のえびすり身詰め焼き】

~材料~
 
生椎茸 2個
えび 50g
片栗粉(洗い用) 適量
酒(洗い用) 適量
A醤油 小さじ1/3
A酒 小さじ1/2
A0kcal甘味料 砂糖小さじ1/3杯分
A塩 ひとつまみ
B生姜(みじん切り) 5g
B葉ねぎ(みじん切り) 10g
B青しそ(みじん切り) 1枚
B片栗粉 小さじ1/2
小さじ1/2
青しそ(盛り付け用) 1枚
レモン 1/8個
 

~作り方~

生椎茸は石づきを取り、表面に格子状の切込みを入れる。
生姜・葉ねぎ・青しそはみじん切りにする。レモンはくし切りにする。
えびは殻と背わたをとり、片栗粉と酒でもみ洗いし、水で流す。水気を拭いてみじん切りにし、包丁でできるだけ細かくたたく。すり鉢に移してAを加えてすり、Bを加えて混ぜる。
椎茸の内側に③のすり身を詰め、油をひいたフライパンで両面を3~4分ずつ焼く。
皿に青しそを敷き、④を半分に切って盛りつける。レモンを添える。
 

令和2年5月の調理教室

メニュー
ターメリックライス
和風スパイスカレー
彩りピクルス
簡単和え物
令和2年5月の調理教室


第6回「チャレンジ!糖尿病いきいきレシピコンテスト」
夕食部門 優秀賞 の献立・レシピを参考にしました。